読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささやかな暮らしの知恵帖

ちいさい発見と美味しいたべものがあればいい、アラサー女の知恵とつぶやき。

シンガポールといえば、あのホテル!インフィニティプールが有名なマリーナベイサンズ、宿泊レポ。

先日、シンガポールに行ってまいりました。

シンガポールといえば、テレビや雑誌でよく取り上げられている、あのホテル!

f:id:furusatox:20161008224259j:plain

マリーナベイサンズ!!

屋上にあるインフィニティプールが有名ですが、宿泊者しか入れないのです。

シンガポールに行くのなら、一度はあのプールに入ってみたい!

ということで、泊まってきました!

 

チャンギ空港からタクシーで30分ほどで、着いちゃいます。 

f:id:furusatox:20161003203342j:plain

館内アートも随所に配されています。

こちらは、タワー1のレセプションです。

 

f:id:furusatox:20161003203357j:plain

巨大な植木。

自然と目線が上にいき、吹き抜けの天井の高さが気持ちいい!

 

f:id:furusatox:20161008232843j:plain

こういうのも、なんだか変わっていて面白い。

通路沿いにあるレストラン を区切る、かまくらのようなドーム型の仕切り。

中は個室のようになっているのかと思います。

入らなかったので、内側がどんななのかは、不明です。

 

さあ、お部屋へ。

f:id:furusatox:20161003203449j:plain

お部屋は、こんな感じでした。

高さは31階でした。

f:id:furusatox:20161003203557j:plain

ベランダにはきれいな花も咲いており、

さて、眺めは・・・

f:id:furusatox:20161003203652j:plain

最高!

 

f:id:furusatox:20161003203714j:plain

植物園のドームが、ばっちり見えました。

f:id:furusatox:20161003203801j:plain

巨大な木をイメージしたタワー、スーパーツリーがインパクト大。

異空間に迷い込んだかのような、不思議な景色。

 

ちなみに、植物園の内部は、こんな感じでした。

こちらも、シンガポールに行くなら、マストです。

f:id:furusatox:20161008224814j:plain

迫力満点でした!

見たことのない植物がたくさん。

 

f:id:furusatox:20161008224847j:plain

アトラクションのような楽しみ方も出来て、とても面白かったです。

子供連れにも、おすすめです。

 

話は戻り・・・

いよいよ、マリーナベイサンズの、プール!

いざ、潜入!

f:id:furusatox:20161003203927j:plain

あいにくの曇天。

雨は降っていないので、よしとしましょう。

ちなみに、地上からの高さは200m、全長は340mです。

プールの水量は、約150万リットル。

これは、人間が一生涯に飲む水量に換算すると、人生10回分以上なのだとか。

(わかりづらい例え)

 

f:id:furusatox:20161003204054j:plain

夜も、素敵な雰囲気でした。

しかし、激混み!

なるべく人が写りこまないように、写真を撮っているのでわかりづらいかと思いますが・・・

サイドベッド を確保するのに苦労しました。

後ろには、バーもあり、大人の雰囲気でしたよー。 

 

f:id:furusatox:20161008225903j:plain

朝は、タワー1にあるレストランで、ビュッフェを。

開放的な雰囲気で、種類もたくさんあって、よかったです。

値段はお高め。

1階のレストランでこの値段だったら、高層階にあるレストランは恐ろしくて庶民には行けません。

そんな感じの金額。

 

ちなみに、マリーナベイサンズは、

シンガポール最大級のショッピングモールにもつながっており、

買い物もスムーズに出来ます。

f:id:furusatox:20161008230730j:plain

 

f:id:furusatox:20161008230911j:plain

シンガポールの老舗紅茶ブランド、TWGも、

もちろんショッピングモールに入っています。

せっかく来たなら、お茶するのもいいですね。

 

近くには、美術館もあります。

f:id:furusatox:20161008231804j:plain

テクノロジーとアートとサイエンスの競演が見られます。

ぜひ。

子供連れでも、1日中遊べそうな体験型のアートがあります。

楽しいので、ぜひ遊びに行ってみてください。

f:id:furusatox:20161008232603j:plain